日本のバレンタインデー | Valentine’s Day in Japan

スポンサーリンク

*このブログは()(ほん)(じん)()(だん)使(つか)()(ぜん)(ほん()()かれています。(This article is written in natural Japanese that Japanese people usually use.)

*このポストをやさしい日本語(にほんご)()みたい(ひと)は (If you want to read this post in easy Japanese)→ Post for beginners

あなたのくにではバレンタインデーはどんなイベントですか。だれに、どんなものをあげますか。

 2がつ14はバレンタインデーですね。日本にほんでもふゆおおきいイベントです。今日きょう日本にほんのバレンタインデーを紹介しょうかいします。

 海外かいがいのバレンタインデーでははな手紙てがみをあげるとよくきますが、日本にほんであげるのはチョコレートです。それなので1がつわりごろになると、おみせにはバレンタインのチョコがならはじめます。おみせでちょっといいチョコをひともいるし、自分じぶん手作てづくりチョコを準備じゅんびするひともいます。それではどうしてチョコレートをあげるようになったのでしょうか。それはむかし日本にほんのお菓子かしメーカーが「バレンタインデーにチョコレートをおくりましょう」と宣伝せんでんしたからです。それがだんだんと定着ていちゃくし、日本にほんではバレンタインデーはチョコレートをあげるとなりました。おどろいたことに、年間ねんかん消費しょうひりょうの20%がこのバレンタインの時期じき消費しょうひされるんだそうです😲

 そんなバレンタインデーですが、チョコにも色々いろいろ種類しゅるいがあります。「本命ほんめいチョコ」「義理ぎりチョコ」「ともチョコ」です。バレンタインデーはもともと女性じょせいきなひとにチョコをあげるでした。きなひとに「きです。ってください。」とってチョコをわたします。学校がっこう会社かいしゃにチョコを内緒ないしょってって、ドキドキしながらチョコをわたす・・・みたいなかんじです(青春せいしゅんですね~🤭)。

義理ぎりチョコ」は、いつもお世話せわになっているひとにあげるチョコです。なので会社かいしゃ上司じょうし同僚どうりょうにあげることがおおいとおもいます。たくさんチョコをくばるので、チョコはそんなにたかいチョコをわなくてもいいです。この義理ぎりチョコは「みんなが同僚どうりょうにあげているからわたしも・・・」と、本当ほんとうはあげたくないのに仕方しかたなくあげているひともいます。それからもらったひとも、「義理ぎりチョコなのに、おかえしをあげるのが大変たいへん」というひともいます。最近さいきんでは「義理ぎりチョコ禁止きんし!」というルールをつくった会社かいしゃもあります。本当ほんとう日本人にほんじんらしいですね😅

 「ともチョコ」は文字通もじどお友達ともだちにあげるチョコです。とく小学生しょうがくせいから高校生こうこうせいおおいかなとおもいます。わたし中学生ちゅうがくせいのとき、毎年まいとしともチョコつくって学校がっこう交換こうかんしていました。学校がっこうにお菓子かしってってはいけなかったけど、みんなでコソコソやってたのしかったです。

 一かげつの3がつ14には「ホワイトデー」があります。バレンタインデーにチョコをもらったひとが、おかえしをあげるです。クッキーやマシュマロ、あめをよくおくります。わたしあたらしいくつしいので、おっとにチョコをたくさんあげようとおもっています😁みなさんはなに特別とくべつなことをしますか?

チョコレートもいいけど、和菓子わがしも🍡

Keep me Caffeinated!

For Intermediate
スポンサーリンク
- Thank you for sharing! -
やさしい日本語ブログ Meika Sensei's Easy Japanese Blog

Comments

タイトルとURLをコピーしました