オーバーツーリズムとふじ山 | Overtourism and Mt. Fuji

スポンサーリンク

*このブログをやさしい日本語にほんごきました (This post is written in easy Japanese.)

*このポストを自然しぜん日本語にほんごみたいひとは (If you want to read this post in natural Japanese) → Post for intermediate

あなたのくにに、オーバーツーリズムの問題もんだいがありますか。どんな問題もんだいですか。

最近さいきんニュースで、「オーバーツーリズム」とよくきます。

オーバーツーリズム:overtourism (Noun)

とくに、富士山ふじさんのオーバーツーリズムが問題もんだいです。

今年ことしのぼひとがとてもおおいです。

それで、マナーわるひとえています。

マナー:manners (Noun)

ひとつの問題もんだいは「弾丸だんがん登山とざん」です。

たかやまのぼるときは、山小屋やまごやまったほうがいいです。

山小屋やまごや:mountain hut (Noun)

きゅうたかやまのぼると、病気びょうきになります。

からだやまれていないからです。

ですが弾丸だんがん登山とざんは、山小屋やまごやまりません。

やすまないで、一ばんじょうまでのぼります。

今年ことしのぼひとおおいですから、山小屋やまごや予約よやくはすぐいっぱいになりました。

いっぱい:full (Na-adj, Noun)

部屋へやまることができません。

ですが、みんな一ばんじょうでご来光らいこうたいです。

来光らいこう:sunrise viewed from the top of a high mountain (Noun)

それで弾丸だんがん登山とざんをしてしまいます。

それから「軽装けいそう登山とざん」という問題もんだいもあります。

軽装けいそうは“簡単かんたんふく”です。

やまのぼまえに、道具どうぐふくくつ準備じゅんびしますよね。

ですが、たくさんのひとがその準備じゅんびをしないで富士ふじやまのぼります。

たとえば、サンダルやはんズボンです。

はんズボン:shorts (Noun)

ライトもないですから、スマホのライトを使つかいます。

やまの一ばんじょうはとてもさむいです(0℃くらいです)。

そして天気てんきがすぐわって、つめたいあめります。

からださむくなると、うごけなくなります。

スタッフが「そのふくあぶないですよ。のぼらないで。」といますが、

そのひとたちはあまりいてくれません。

富士山ふじさんちかくにたから、のぼりたい。」とおもうかもしれません。

でも本当ほんとうあぶないです。

弾丸だんがん登山とざん軽装けいそう登山とざんをすると、病気びょうきやケガをします。

やまには救護きゅうごしつがありますが、ちいさいです。

救護きゅうごしつ:first aid station (Noun)

簡単かんたん治療ちりょうしかできません。

治療ちりょう:medical treatment (Noun, Suru-Verb)

もし自分じぶんやまりることができなかったら、

スタッフがはこばなければなりません

ります:to descend (e.g. a mountain) (Ru-Verb)

はこびます:to carry (U-Verb)

いいことはぜんぜんありませんね。

オーバーツーリズムやマナーの問題もんだいは、これからもえるとおもいます。

みなさんのくにでは、どうですか?

どうしてご来光らいこうたい?

Keep me Caffeinated!

For Beginners
スポンサーリンク
- Thank you for sharing! -
やさしい日本語ブログ Meika Sensei's Easy Japanese Blog

Comments

タイトルとURLをコピーしました