日本語学校で神様になった話 | A story about becoming a God at a Japanese language school

スポンサーリンク

*このブログは()(ほん)(じん)()(だん)使(つか)()(ぜん)日本語にほんご()かれています。(This article is written in natural Japanese that Japanese people usually use.)

*このポストをやさしい日本語にほんごみたいひとは (If you want to read this post in easy Japanese)     →Post for beginner

みなさんの学校がっこう会社かいしゃ)などで、おもしろいはなしがありますか。それはどんなはなしですか。

 日本語にほんご学校がっこうでは時々ときどき避難ひなん訓練くんれんおこなっていました。日本にほん地震じしんおおくになので、火事かじ地震じしんきたときかたなどを練習れんしゅうします。地震じしんすくないくに学生がくせいもいるので、さいがいがあったときにパニックにならないようにするためです。

  わたしはあるクラスで“地震じしんさいかた”を説明せつめいしていました。「地震じしんがあったときはすぐにそとず、つくえしたはいりましょう。すぐそとて、こわれたビルなどがからだたってケガをしたら危険きけんです。」といました。するとそれをった瞬間しゅんかん、なぜか学校がっこう建物たてものがガタガタとれたんです。

  その学校がっこう大通おおどおりにめんしています。おおきいトラックも学校がっこうまえをよくとおるんです。かた説明せつめいしたとき、ちょうどおおきいトラックがとおりました。学生がくせいはみんなおどろいて、「先生せんせい先生せんせい地震じしんつくりましたか!」とさわぎました。もちろん、わたしじゃありません。でも学生がくせい面白おもしろがって、「先生せんせい神様かみさまだ!!」とって、大爆笑だいばくしょう😂「ちがうよ!!」とって、わたし大爆笑だいばくしょうでした。それからわたしはこのクラスでかみさまになりました。

      面白おもしろ経験けいけんでしたが、この場面ばめん印象いんしょうつよすぎて、学生がくせいかたおぼえていないとおもいます・・・。みんなのために、あんなにたくさん説明せつめいしたのに!笑

Keep me Caffeinated!

For Intermediate
スポンサーリンク
- Thank you for sharing! -
やさしい日本語ブログ Meika Sensei's Easy Japanese Blog

Comments

タイトルとURLをコピーしました