節分(せつぶん) | Japanese Setsubun

スポンサーリンク

*このブログをやさしい日本語にほんごきました (This post is written in easy Japanese.)

*このポストを自然しぜん日本語にほんごみたいひとは (If you want to read this post in natural Japanese) →Post for intermediate

あなたの(くに)で、どんな行事(ぎょうじ)がありますか。(なに)をしますか。

2がつ3は「節分せつぶん」という行事ぎょうじです。

行事ぎょうじ:event (Noun)

この()はうちで(まめ)をまいて恵方巻(えほうまき)という()(もの)()べます。

そんな日本(にほん)季節(きせつ)行事(ぎょうじ)紹介(しょうかい)します。

まめをまきます:throwing beans (U-Verb)

恵方巻えほうまき:uncut sushi roll eaten during setsubun for good luck (Noun)

節分せつぶんは「季節きせつをわける」という意味いみです。

けます:to separate (Ru-Verb)

(むかし)日本(にほん)では、(はる)(あたら)しい一年(いちねん)(はじ)まりました。

それで(はる)はとても大切(たいせつ)でした。

ですから(はる)になる(まえ)()(=(ふゆ)(はる)をわける())を「節分(せつぶん)」といって、

その()大切(たいせつ)()になりました。

ですがあたらしいとしはじまるとき、わるいものやおにやすくなります。

おに:demon (Noun)

そのおにはらために、まめをまきます。

はらいます:to drive away (U-Verb)

おにがいなくなったらふくがうちにはいることができます。

ふく:good fortune (Noun)

ですから(おに)(そと)(ふく)はうち!」()いながら、(まめ)()げます。

それが()わったら、その(まめ)()べます。

「みんなが病気(びょうき)になりません。(しあわ)せになります」と(いの)りながら、()べましょう。

(よる)には「恵方巻(えほうまき)」を()べます。

恵方巻えほうまきながいすしで、なかにいろいろなはいっています。

:ingredients (Noun)

神様(かみさま)がいる(ほう)()て、(いの)りながら()べます。

この(とき)(はな)してはいけません。

はなさないで、全部ぜんぶべることができたら、いのりがかないます

かないます:to come true of a wish (U-Verb)

最近(さいきん)はスーパーやコンビニでいろいろな恵方巻(えほうまき)()っています。

(にく)恵方巻(えほうまき)やケーキの恵方巻(えほうまき)などです。

ちょっと(たか)恵方巻(えほうまき)もあって、(たの)しいですよ。

(わたし)()どものとき、学校(がっこう)節分(せつぶん)をしました。

(おに)がでてきたとき、本当(ほんとう)にこわくて、()いてしまいました。

(いま)でもよく(おぼ)えています😅

みなさんも(まめ)をまいて、(おに)()(はら)いましょう。

たくさんの(しあわ)せが(はい)ってきますよ!

節分せつぶんうた紹介しょうかいします!

いてみてね。

今年ことしはいいことがあるかな🥺

Keep me Caffeinated!

For Beginners
スポンサーリンク
- Thank you for sharing! -
やさしい日本語ブログ Meika Sensei's Easy Japanese Blog

Comments

タイトルとURLをコピーしました